Benny'sDialy
イラスト

Posted on February 06,2017

「世界遺産 ラスコー展」

上野の国立科学博物館で開催されている
LASCAUX_JLOGO
会期終了が近づいて来ているので、慌てて見に行ってきました。

http://lascaux2016.jp

アルタミラやショーベと並んで有名なラスコー洞窟の壁画。こちらは約2万年前のクロマニョン人が描いたとされており、他の洞窟壁画も併せて、アニメーションの起源ともいえる「生命を吹き込まれた画像」が沢山みられるため、拙にとっては見逃せないところであります。

これらの洞窟壁画は、保存のために非公開のところがほとんど。つまり、我々は書物や映像でしか見ることができないわけですが、一部の洞窟では精密に再現されたレプリカを展示して、実物に接したと同じ感動が得られるようにしています。
今回の展示は、フランス政府公認のもと制作されて世界巡回している展覧会で、1ミリ以下の精度で再現した実物大の洞窟壁画展示によって(研究者ですら入ることができない)洞窟内部の世界を体験できるようにしている。という事は現地のレプリカを見るのと同じという事で、かなり期待して行ってきました。

LASCAUX_01
会場入り口で、まず迎えてくれるのは今回展示のメインビジュアルにも使われている「クロマニョpン人の母娘」の精巧な像。シリコン・ラバーで皮膚を再現し、産毛まで丹念に植え込まれていて、表情・ポーズとも、本当に活きているかのような出来栄え(どこぞの大学が作ったり、歌舞伎町にある不自然で不気味なアンドロイドとは格段の差がありました。)
スタジオ・ライクなステージと照明で、『どうぞ!撮って!撮って!』という風情が漂っております。(会場内は基本的に『撮影可』)
LASCAUX_20
こちらは、出口側でお見送りをしてくれた(夫婦?の)像。もちろんコチラもいい出来でして、ちなみに女性の方は、発掘されたクロマニョン人女性の骨↓を元にデータが作られているようです。
LASCAUX_21
彼女の頭蓋骨についているのが「輝石」で装飾された帽子なのですね。(ちなみに、この骨もレプリカです)
さて、絵画を作成したクロマニョン人の登場のあとは、ラスコー洞窟の全貌を知るための展示。
LASCAUX_02
洞窟全図などと併せ、縮小されて再現された洞窟模型と、そこに描かれた壁画の内容がわかる様に展示されています。
LASCAUX_02A
最近は3Dデジタイズされたデータがあるので、こんな事もできるようになったんですね。
ただ、惜しむらくは、中をのぞいても・・・
LASCAUX_02B
このように、ただの「白い筒」でした。ま・・確かに洞窟の形状が立体的に解ることでは画期的なんですが、中に壁画が描かれているか、外から見ると「内部の壁画が反転して描かれている」なんて仕掛けになっていると、もっと直観的に理解しやすいと思うんですけどね?半透明の素材にして、絵が描かれている・・なんていうアイデアもいいかも??・・贅沢ですか?そうですね。

さて、全貌の構造を理解した後は、いよいよ精巧なレプリカ展示による「洞窟体験」です。
LASCAUX_04
ん~、本当は科学博物館の他の展示にあるような、囲まれた洞窟の再現を、期待していたんですが(こんな感じ↓)
LASCAUX_06
LASCAUX_05
ま・・・観覧者も多いし(巡回展示だし)、難しいですよね。今回もこんなに盛況でしたから
LASCAUX_03
実を言えば、それほどガッカリでもありません。
それより、精密に複製された壁を至近距離で見られるのは、大きな感動でした。
LASCAUX_08
また、ラスコー壁画の大きな特徴として、線刻で描かれた絵の上に彩色されている事があるのですが、それを披露するために、こんな仕掛けもされています。
LASCAUX_07A
上の絵の照明が時間で変化し暗闇の中で線刻のみが光るようになっているのです。
こんな感じ↓
LASCAUX_07C
観覧者は間の照明も含めて、絵の描かれ方がよくわかる仕組みです。
LASCAUX_07B
この仕掛けにより、各動物のフォルムがいかに活き活きと描かれているのかが判ります。
これが大きな壁面で再現されているのは、必見。
LASCAUX_07D
アルタミラやショーベの絵と同様に、ラスコーでも残像の脚を(漫画表現のように)描いて「動き」を表現している箇所がありました。何万年も前からアニマを絵に封じ込めたいという欲求があった事が解ります。
こちらは背中合わせのバッファロー。同じ牛類でも、上の図=源牛のオーロックスとキチンと描き分けられています。(それぞれの特徴をつかんだディフォルメは秀逸)
LASCAUX_09
リアルでありながら、簡略化する、こうした技術が、色々な洞窟で場所と時代を超えて共通するものがあるのも、非常に興味深い。
壁に描かれた平面画が、こうした、リアル表現なのに比べると、
立体物はちょっと異なります。
LASCAUX_10
上は背中をなめる牛。下の二つは母性の象徴の婦人像。シンボリックな部分を強調しデザインされている事が伺えます。縄文の土偶にも共通する手法(婦人像は、やはり『ヴィーナス』と呼ばれているようです)。人類には、このようにデザインするDNAが刻まれているんでしょうか?

壁画がリアルとは言っても、グリッド上のサインなど、グラフィカルな図像も沢山刻まれています。この二つもそれ
LASCAUX_11
鳥人間(?)と鳥(?)。いずれも現代のマンガに通じるディフォルメ。
そんな意味もあってでしょう。展示会のシンボル・キャラクターにもこの2体が使われています。
LASCAUX_19
展示終盤の広間に置かれたパネルとオオツノシカの化石(原寸大レプリカ)。描かれた動物がいかに大きいかがわかる様な仕掛け。
LASCAUX_18
クロマニョン人の部屋の前には、旧石器時代の各原人も展示されています。
折角なので、ハイデルベルグ人と記念撮影。さて・・50万年の時の差が・・出ていますかね?

最後の部屋は、PCパッドを使ったりしたインタラクティブな遊びの部屋。
アニメーションが好きなフランスというお国柄ゆえか、しっかりゾートロープが置いてありました。
LASCAUX_39
しこまれている絵は、ド定番の「エドワード・マイブリッジ」の馬の歩行。
ん~、マイブリッジはアニメーターの教科書的存在なので、問題はないんですが、折角なんだから「動くオーロックス壁画」みたいなものを作ってくれる手もあったのに・・・。

代わりに、机脇のモニターで『洞窟発見』のアニメーションが上映されていました。
いかにもフランスらしい洒脱された絵で、いい感じです。
LASCAUX_40

こちらは図録↓
LASCAUX_Catalog

http://lascaux2016.jp/infomation.html

オーロックスがバーコ印刷(加熱式隆起印刷)で表現された表紙がいい感じです。
中の図版&解説も豊富&丁寧で判りやすい。これで2500円はお買い得でしょう。
残念ながら、他のグッズ類はめぼしい物は売り切れでした。
ま、出遅れたので仕方ありません。

※会期は2月19日まで、まだの人はぜひご一覧!
 その後
 ★3月25日〜5月28日に宮城・東北歴史博物館。
 ★7月11日〜9月3日に福岡・九州国立博物館
 と巡回されるようです。(黄金週間なら東北。夏休みなら九州)

コメントする


伊藤あしゅら紅丸 Ashura Benimaru Itoh「Benny's Arcade」