Benny'sDialy
イラスト

Posted on October 23,2018

PeterBarakan’s LIVE MAGIC 2018

一昨日(20日)と(21日)は以前BLOGでも掲載した、ピーター・バラカン氏主宰のLIVE MAGICの開催日でした。
2018_LiveMagicT_LOGO
今年で5回目になって、すっかりこの時期のイベントとして定着した感があります。
今回も、LIVE参戦して来ました。
2018LiveMagic_02
アイルランドのFlukeやニューオーリンズのZydecoFunk
そして目玉のひとつ=ノーム・ピクルニーとステュアート・ダンカン。
2018LiveMagic_03
トリを務めたジョン・クレアリー・バンドも素晴らしかったです。(彼がギターも名手だったことにビックリ) 今年は昨年より観客も増えていて反応もよかっような・・・。拙担当のTシャツも売り切れたようで、よかった。

Posted on October 05,2018

LIVE MAGIC TV 生配信

今年で5回目を迎える友人=ピーター・バラカン氏主宰の音楽フェスティバル。
今年は10月20日&21日に、例年通り恵比寿ガーデンホールで開催されます。

https://www.livemagic.jp

盛り上げイベントとして、お客さんを呼んでの公開インターネット生配信番組収録が、
東洋化成の青山一丁前スタジオであったので、拙も参加して来ました。
20181004_01
フェス参加のkyのサックス=仲野麻紀さんも参加されて、トーク・セッション
20181004_02
+ソロでの生演奏
20181004_03

※ちなみに、拙は今年もTシャツ・イラスト&デザインとパンフレットの裏表紙イラストで参加しております。
今年も、3種類デザインさせてもらいました。
White
黒Tシャツは、メイン・アクトのジョン・クレアリーをイメージしたキーボード
RadioT
ネイビーブルーTシャツは、ラジオ放送をイメージ。マイクはRCA44、ラジオは40年代のストリーム・ラインです。
White
毎度おなじみの楽器フィーチャーの霜降りT。今年はニューオーリンズ・ピアノをイメージした踊る鍵盤に、参加者たちの楽器をフィーチャー。特にバンジョーはノーム・ピクルニーのレアな『トップテンションのGibson スタイル7』です。

※Tシャツ類は、他のグッズも併せてm今週半ばから、インターネットでの先行販売もはじまりました。

http://livemagic.bonanza-base.com

買い逃しにご注意!

Posted on March 02,2017

THE COLLECTORS 30th Anniversary at 日本武道館

ギター友人の加藤久氏率いるコレクターズ。
”本当に”満を持しての『武道館LIVE』
budokan_poster-newS
既に昨年4月の日比谷野音での告知以来、楽しみにしていました。
もちろんファンも心待ちにしていたハズ。でも、なにより楽しみにしていたのはコレクターズ、ご本人たちでしょう。
何しろ、彼らの「武道館」にかける思いは、昨日今日、音楽シーンに出て来た若者たちには理解できないくらい強かったはず。
というわけで、拙も、招待券は丁重にお断りし、自前で購入して、この『儀式』にのぞんだわけであります。
BUdokan
田安門から武道館への道は、結構な人並みでした。
CollectersBUdokan
チケットの売れ行きが想定より低い・・・とのコータロー氏の発言があったので、気がかりでしたが、ほぼSoldOutと言っていい「入り」に一安心(7枚だけ残ったそうです。いいじゃん、それくらい!)
CollectersBUdokan02
当たり前ですが、演奏はいつもに増して素晴らしい物でしたぁ。たっぷり170分くらいか?
加藤氏、コータロー氏ともに、武道館のステージを使い切り何時にも増して移動とアクションも多め。

「この光景を見るために30年かかりました。でも、夢はかなうんだ!」
万感の思いがこもった加藤氏の言葉が心に残ります。

colle_999

丁度、時を同じくして、Player別冊『愛蔵版 THE COLLECTORS Gear Book』が発売
THE-COLLECTORS-cover-212x300
拙が加藤氏に進呈したギターも何本か収録されております。(本は、本日加藤氏から献本されました。)
こだわりの愛器が多数収録されております。3000冊の限定版・お早めに

http://thecollectors.jp/archives/2291


伊藤あしゅら紅丸 Ashura Benimaru Itoh「Benny's Arcade」