Benny'sDialy
イラスト

Posted on November 26,2016

Modern Folk Quartet at Back In Town

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日、拙がアートワーク(ポスター,フライヤー&Tシャツ)を担当。更に楽器も貸し出したMFQ=Modern Folk QuartetのLIVEが曙橋BackInTownであったので、行ってきました。

P1040222
最年長のサイラスが御年80歳なので心配しましたが、相変わらずのハーモニーの素晴らしさと、楽曲アレンジの良さを堪能できました。

MFQ_02
貸し出した楽器は、JazzBass(66年)とStratocaster(83年)です。
サンバーストの63年も用意したんですが、ベースと色を合わせた様子。
MFQ_03
Jerry_Chip_S
今回はチップ・ダグラスがデイドリーム・ビリーバー、ジェリー・イエスターがラヴィン・スプーンフルの曲と、彼らがプロデュースやメンバーで関わっていた曲を披露してくれて、感激。
DSC00342
※BS-TBSのSong to Soulからお花が届いていました。ヘンリー・ディルツも含めて、みんなこの番組に貢献していますからね。
MFQ_04
もちろん、終わってからはサイン会。日本のファンは大好きだそうで。
DSC00346

MFQ_05
これが今日のセットリスト。

LIVEは明日=27日・日曜日も昼と夜とあります。ぜひ、ご高覧!

Posted on October 25,2016

LIVE MAGIC

先週末は、以前も拙BLOGで紹介したピーター・バラカンのLIVE MAGICがありました。
二日間にわたり、ピーター氏が選んだ内外のアーティスト達が出演するイベント。
2014年にはじまり3年目になりますが、今年も充実のLIVEが聴けました。

A1
↑NYのサルサ・シーンがそのままやって来たようなJOE BATAANのステージ。
大人数編成のバックは日本人ミュージシャンのサポートですが、本場以上のサウンド。

A2
ニュージーランドからやって来たMIKE GARNER & NEIL BILLINGTON。
BROWNIE McGEE & SUNNY TERRYの再来といった感じのブルーズ・デュオですが
A3
ハープが馬鹿ウマでビックリ!歳を感じさせないパワフルな演奏でございます。

A4
イギリスなのに、ディープサウスなテイストを醸し出していたJACK BROADBENT.
ヒップ・フラスコを使ったスライド奏法が半端なくうまい!この奏法だとワン・ストリング・ブルースのEDDY JONESが有名ですが、彼のモーダルなフレイとは一線を画するロック・ブルース的なアプローチ。スピーディーなフレージングが超絶技巧。
写真でわかる通り、日本で右手を負傷しましたが、そんなダメージを感じさせないプレイを披露してくれました。

A5
ベースとパンディエロ+カホンの二人組=ZABADUO。5弦ベースを駆使したリード・ベースが圧巻。サニーのサポートも務めていました

A8
土曜日のトリは、日本のジャンプ・ブルースのレジェンド=吾妻光良&THE SWINGING BOPPERS!滅多に見られない管が8本入ったフル編成での登場。
A7
抜群のテクニックとトーク&ステージ・ワーク。センスに富んだ日本語のオリジナル歌詞で、観客を鷲掴みにしていました。
A6

A9
日曜には、TRIO+2で小さめのROOMに登場。聴衆との距離が近いせいもあって、トークが更に冴えわたっていました。ギターはミニハムバッカー付きのSGという変わり種。しかし吾妻氏のタッチのせいか、どんなギターを使っても彼の音になっちゃうんですよねぇ。

A19
この日の楽屋でのショット!某楽器屋さんのコレクションのGibson ES250N(チャーリー・クリスチャンPU)を試奏する吾妻氏。ナチュラル・ブロンドでデコステップ・ヘッドがレアな仕様という逸品ですが・・ん~、お高いギターはあまり似合わない??

A10
日曜の大トリは、SONNY LANDRETH。 ビハインド・ザ・スライド奏法にハーモニックス・タッチ!超絶テクで、魔法のサウンドを紡ぎ出してくれました。
拙のTシャツに[素晴らしいデザイン、ありがとう!]と言ってくれました。ヨカッタ!

A11

A12
エフェクター・ボードは曲中でも、盛んにプリセット・チェンジします。楽屋裏に待機するストラト2台。

A14
名曲=コンゴ・スクエアでは、パンディエロも飛び入り。

A20
アンコールではイベントに出演したミュージシャンが揃って大ブルース大会。Rei嬢も気迫のプレイ!

A21
今年も素晴らしいイベントでした。
A22
ピーター氏、スタッフの皆様、お疲れ様!

Posted on October 13,2016

稲葉和裕&ブルーグラス・バディース@マウントレーニア・ホール渋谷

拙がフライヤーの絵を描かせてもらった、表題のライブ。

inaba_A5_4c
メンバーが絵を気に入ってくれているようで、昨晩会いに行ってきました。
USAでも活動する稲葉氏が気心の知れたメンバーをアメリカから招聘してのギグ。
ビル・モンロー・スタイルの第一人者のマイク・コンプトン、西海岸で活躍のキース・リトル。ジミー・マーチンとの来日以来41年ぶりのブレイン・スプラウス。ベースは日本から近藤くんの登場です。
みんな素晴らしかったですね。
特に、ブランクから復帰したブレインのフィドルの音色には魅了させられました。
2016_1012
まだ、熊本、神戸のライブがありますので、お近くの方はぜひ!


伊藤あしゅら紅丸 Ashura Benimaru Itoh「Benny's Arcade」